三重重・三重襲(読み)みえがさね

精選版 日本国語大辞典「三重重・三重襲」の解説

みえ‐がさね みへ‥【三重重・三重襲】

〘名〙
布帛を三枚かさねること。特に衣類などで、中陪(なかべ)を入れて三重にしたもの。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「唐裳摺裳の細長、みへがさねの袴添へたる女の装五具」
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)花宴「かのしるしは桜のみへかさね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android