布帛(読み)ふはく

精選版 日本国語大辞典「布帛」の解説

ふ‐はく【布帛】

〘名〙
木綿ものと絹もの。
※艸山集(1674)一四・和李梁谿戒酒詩「菽粟布帛之済人饑寒
織物。ぬの地。きれ地。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「国中の人布帛製造の産業に利潤多きを見て一時に其本業を棄て先を争て之に赴き」 〔孟子‐滕文公・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「布帛」の解説

【布帛】ふはく

織物。〔礼記、礼運〕昔(むかし)は皮を(き)る。後世其の絲を治めて、以て布帛と爲す。

字通「布」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android