布帛(読み)フハク

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐はく【布帛】

〘名〙
① 布と木綿ものと絹もの。
※艸山集(1674)一四・和李梁谿戒酒詩「菽粟布帛之済人饑寒
② 織物。ぬの地。きれ地。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「国中の人布帛製造の産業に利潤多きを見て一時に其本業を棄て先を争て之に赴き」 〔孟子‐滕文公・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android