コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原 勇作 ウエハラ ユウサク

20世紀日本人名事典の解説

上原 勇作
ウエハラ ユウサク

明治〜昭和期の陸軍大将,元帥,子爵 陸相;陸軍参謀総長。



生年
安政3年11月9日(1856年)

没年
昭和8(1933)年11月8日

出生地
日向国都之城(宮崎県都城市)

学歴〔年〕
陸士(第3期)〔明治12年〕卒

経歴
明治12年工兵少尉。14〜16年フランス留学、帰国後、陸士教官。18年再び渡欧。19年参謀本部員、陸大教官兼務。26年安南、シャム出張。27年日清戦争には第1軍参謀として従軍。33年少将、砲工学校長。37年から第4軍参謀長として日露戦争従軍。41年第7師団長。44年第14師団長。45年第2次西園寺内閣の陸相となるが、2個師団増設を強硬要求して大正元年単独辞職。2年第3師団長、3年教育総監。4年2月大将に進み、同年12月〜12年3月参謀総長。10年元帥、子爵。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

上原 勇作
ウエハラ ユウサク


肩書
陸相,陸軍参謀総長

生年月日
安政3年11月9日(1856年)

出生地
日向国都之城(宮崎県都城市)

学歴
陸士(第3期)〔明治12年〕卒

経歴
明治12年工兵少尉。14〜16年フランス留学、帰国後、陸士教官。18年再び渡欧。19年参謀本部員、陸大教官兼務。26年安南、シャム出張。27年日清戦争には第1軍参謀として従軍。33年少将、砲工学校長。37年から第4軍参謀長として日露戦争従軍。41年第7師団長。44年第14師団長。45年第2次西園寺内閣の陸相となるが、2個師団増設を強硬要求して大正元年単独辞職。2年第3師団長、3年教育総監。4年2月大将に進み、同年12月〜12年3月参謀総長。10年元帥、子爵。

没年月日
昭和8年11月8日

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone