コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原 勇作 ウエハラ ユウサク

20世紀日本人名事典の解説

上原 勇作
ウエハラ ユウサク

明治〜昭和期の陸軍大将,元帥,子爵 陸相;陸軍参謀総長。



生年
安政3年11月9日(1856年)

没年
昭和8(1933)年11月8日

出生地
日向国都之城(宮崎県都城市)

学歴〔年〕
陸士(第3期)〔明治12年〕卒

経歴
明治12年工兵少尉。14〜16年フランス留学、帰国後、陸士教官。18年再び渡欧。19年参謀本部員、陸大教官兼務。26年安南、シャム出張。27年日清戦争には第1軍参謀として従軍。33年少将、砲工学校長。37年から第4軍参謀長として日露戦争従軍。41年第7師団長。44年第14師団長。45年第2次西園寺内閣の陸相となるが、2個師団増設を強硬要求して大正元年単独辞職。2年第3師団長、3年教育総監。4年2月大将に進み、同年12月〜12年3月参謀総長。10年元帥、子爵

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

上原 勇作
ウエハラ ユウサク


肩書
陸相,陸軍参謀総長

生年月日
安政3年11月9日(1856年)

出生地
日向国都之城(宮崎県都城市)

学歴
陸士(第3期)〔明治12年〕卒

経歴
明治12年工兵少尉。14〜16年フランス留学、帰国後、陸士教官。18年再び渡欧。19年参謀本部員、陸大教官兼務。26年安南、シャム出張。27年日清戦争には第1軍参謀として従軍。33年少将、砲工学校長。37年から第4軍参謀長として日露戦争従軍。41年第7師団長。44年第14師団長。45年第2次西園寺内閣の陸相となるが、2個師団増設を強硬要求して大正元年単独辞職。2年第3師団長、3年教育総監。4年2月大将に進み、同年12月〜12年3月参謀総長。10年元帥、子爵。

没年月日
昭和8年11月8日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

上原 勇作 (うえはら ゆうさく)

生年月日:1856年11月9日
明治時代-昭和時代の陸軍軍人。子爵;元帥
1933年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

上原 勇作の関連キーワード軍部大臣現役武官制二個師団増設問題西園寺公望内閣シベリア出兵憲政擁護運動大塚 惟精福田雅太郎宇都宮太郎大正政変昭和時代野津道貫上杉慎吉今村 均上原勇作岡市之助町田経宇今村均

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android