上手物(読み)じょうてもの

精選版 日本国語大辞典「上手物」の解説

じょうて‐もの ジャウて‥【上手物】

〙 精巧につくられた高価な工芸品。一般に、下等な品を下手物(げてもの)というのに対して、上等な品物をいう。
※工芸美論の先駆者について(1927)〈柳宗悦〉六「『楽』と記された『上手物(ジョウテモノ)』たる茶碗

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android