下手物(読み)げてもの

精選版 日本国語大辞典 「下手物」の意味・読み・例文・類語

げて‐もの【下手物】

〘名〙
人工をあまり加えない安価で素朴な品物大衆的あるいは郷土的な品。また、粗雑な安物。げて。⇔上手物(じょうてもの)
※工芸美論の先駆者に就いて(1927)〈柳宗悦〉六「あの『大名物(おおめいぶつ)』と呼称せられるものを『下手(ゲテモノ)』と蔑まれる器の中に発見した」
② 一般から邪道、風変わりと見られているもの。奇妙なもの。いかもの。げて。
※めでたき風景(1930)〈小出重〉入湯戯画「私の見た入墨の中で殊に美しいものの一つであり、その味は末期浮世絵であり、ガラス絵の味さへあった。まづ下手(ゲテ)ものの味でもある」
※古川ロッパ日記‐昭和一四年(1939)四月一四日「チキンクリーム煮入りのホットケーキといふのは大ゲテ物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「下手物」の意味・読み・例文・類語

げて‐もの【下手物】

並の品。粗雑で安物の工芸品。⇔上手物じょうてもの
普通とは違って、風変わりなもの。「下手物食い」「下手物趣味」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android