コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上毛野大椅女 かみつけのの おおはしの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上毛野大椅女 かみつけのの-おおはしの-むすめ

?-? 奈良時代の女性。
紀伊(きい)伊都(いと)郡(和歌山県)の文(ふみの)某の妻。「日本霊異(りょうい)記」によれば,狭屋寺(さやでら)でひらかれた尼たちの悔過(けか)の法要に参加したが,おこった夫につれもどされた。斎戒中の妻を犯した夫は,アリに魔羅(まら)をかまれて死んだという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上毛野大椅女の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android