コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上毛野大椅女 かみつけのの おおはしの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上毛野大椅女 かみつけのの-おおはしの-むすめ

?-? 奈良時代の女性。
紀伊(きい)伊都(いと)郡(和歌山県)の文(ふみの)某の妻。「日本霊異(りょうい)記」によれば,狭屋寺(さやでら)でひらかれた尼たちの悔過(けか)の法要に参加したが,おこった夫につれもどされた。斎戒中の妻を犯した夫は,アリに魔羅(まら)をかまれて死んだという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上毛野大椅女の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android