悔過(読み)けか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悔過
けか

仏教用語。罪や過失を懺悔すること。また儀式のうえで,仏,菩薩などの前でみずからが犯した身体的行動上の罪悪,言葉のうえでの罪悪,心理的精神的な罪悪を懺悔すること。その儀式にも薬師悔過など種々ある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

け‐か〔‐クワ〕【悔過】

仏語。罪や過ちを悔い改めること。特に、罪過を懺悔(さんげ)し、罪報を免れるために仏前で行う儀式。
あやまること。謝罪。
「―はしたりともしたりとも、目を見せむ」〈梁塵秘抄・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けか【悔過】

〘仏〙 仏・菩薩・僧に対し自分の罪を懺悔ざんげすること。また、その儀式。
謝罪。 「 -はしたりとも、したりとも、目を見せむ/梁塵秘抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android