コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法要 ホウヨウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐よう〔ホフエウ〕【法要】

死者の追善などのために行う仏教の儀式。法事。法会。法用。「法要を営む」
四箇(しか)の法要など、法会における法式。
仏法のかなめ。仏の教えの大切な要点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典の解説

法要

仏や、先祖の霊を供養すること。死後、初七日から四十九日まで七日ごと、月忌、新盆、百ヵ日、年忌法要など節目ごとに行います。僧侶に読経をお願いし、親族や故人の近親者を招いて故人を偲び、会食を行います。=法事

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうよう【法要】

仏教の儀式。主に、葬儀・追善供養をいう。法事。法会。法用。 「 -を営む」
仏教の教えの中心部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法要
ほうよう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法要の言及

【寺事】より

…仏教で道場を設けて本尊を勧請し,あるいは仏堂を道場とし,僧侶または尼僧が主体となってとり行う行事。この場合,行事の催行目的を明確に表明し達成するにふさわしい儀式―法要―を中核に据えて構成される。従来,法会,法事,仏事,法要,法儀などの用語に拠っていたが,それぞれの概念規定が不統一であったため,近年,仏事を芸能の側から研究する横道万里雄によって造語された。…

【導師】より

…仏教儀式(法要)の中心となる僧の役名。通常は一山の代表,あるいはそれに準ずる立場の人がその任にあたり,法要を主宰する。…

※「法要」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

法要の関連キーワード建碑慶讃法要[御礼・御祝]入仏慶讃法要[御礼]法華懺法・法華懴法遷仏法要[御礼]梢付き塔婆大般若転読後世を弔う還骨回向曼陀羅供開眼供養追善供養納めの式四箇法要二箇法要永代供養満中忌五具足水陸会二七日白桜忌

法要の関連情報