コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上牛養 かみの うしかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上牛養 かみの-うしかい

?-? 奈良時代の画家。
画工司正をつとめ,天平宝字(てんぴょうほうじ)2年(758)から翌年にかけ東大寺大仏殿廂間(ひさしのま)・天井・倒蓮華(とうれんげ)などの彩色をおこなった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上牛養の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android