上郷温水路群(長岡温水路;大森温水路;水岡温水路;小滝温水路;象潟温水路)(読み)かみごうおんすいろぐん

事典 日本の地域遺産の解説

上郷温水路群(長岡温水路;大森温水路;水岡温水路;小滝温水路;象潟温水路)

(秋田県にかほ市象潟町)
選奨土木遺産」指定の地域遺産。
1927(昭和2)年~1950(昭和25)年竣工。鳥海山からの融雪水による冷水害対策として日本で初めて造られた温水路

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android