鳥海山(読み)ちょうかいさん

日本大百科全書(ニッポニカ)「鳥海山」の解説

鳥海山
ちょうかいさん

秋田・山形県境にそびえる火山。標高2236メートル(新山(しんざん)頂上)。山頂部は山形県に属す。鳥海火山帯の主峰で、燧ヶ岳(ひうちがだけ)(2356メートル)に次ぐ東北地方第二の高山。日本海岸まで裾野(すその)を引く秀麗な成層・円錐(えんすい)火山で、出羽富士(でわふじ)、秋田富士の名がある。出羽山地上に噴出した火山で、輝石安山岩、橄欖(かんらん)岩と砕屑(さいせつ)物からなる。新旧二つの二重式火山が複合したもので、新火山は七高(しちこう)山(2230メートル)、伏拝(ふしおがみ)岳などの外輪山に囲まれ、北に開いた直径約3500メートルのU字形の爆裂火口内に、新山、荒神ヶ岳(こうじんがたけ)の両中央火口丘(溶岩円頂丘)があり、外輪山との間の千蛇谷(せんじゃだに)は雪渓で名高い。新山は1801年(享和1)に誕生し、享和岳(きょうわだけ)ともいう。旧火山は西鳥海山ともよばれ、笙(しょう)ヶ岳、月山(がっさん)森などを外輪山とし、鍋(なべ)森(1652メートル)、扇子(せんす)森の中央火口丘と、鳥ノ海の火口湖がある。578年(敏達天皇7)の噴火は、553年(欽明天皇14)の阿蘇(あそ)山噴火に次ぐ古い噴火記録で、以後、1821年(文政4)まで十数回の噴火をみた。1974年(昭和49)の小噴火は新山から荒神ヶ岳地域でおき、小規模の火山泥流も発生した。古くから霊峰として信仰登山が盛んで、現在も山頂に鳥海山大物忌神社(ちょうかいさんおおものいみじんじゃ)がある。また中世は修験(しゅげん)道場として発展した。山頂からの展望は雄大で、チョウカイフスマなどの珍しい高山植物も豊富である。南麓ではイヌワシの生息が確認され、環境省猛禽(もうきん)類保護センターが設置されている。春スキーも楽しめる。一帯は鳥海国定公園域で、吹浦(ふくら)―鉾立(ほこたて)―象潟(きさかた)を結ぶ自動車道路鳥海ブルーラインも通じる。登山コースは象潟口、矢島口、吹浦口、湯ノ台口などがあるが健脚向きであり、海に近い独立峰のため気象の変化が激しく、登山には注意を要する。

[諏訪 彰]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国指定史跡ガイド「鳥海山」の解説

ちょうかいざん【鳥海山】


山形県飽海(あくみ)郡遊佐(ゆざ)町、秋田県由利本荘市、にかほ市にある山と神社群。山形県と秋田県との県境にまたがり、日本海に裾野を広げる標高2236mの火山、鳥海山は、古代から「神の山」として崇拝され、中世からは修験道の修行の場としても知られ、近世以降はとくに農業の神として信仰を集めてきた。主祭神を大物忌神(おおものいみのかみ)とする鳥海山大物忌神社(山形県飽海郡遊佐町)は、本殿が山頂にあり、主要な登山口である吹浦(ふくら)と蕨岡(わらびおか)に口宮(くちのみや)がある。2008年(平成20)に「鳥海山大物忌神社境内」として国の史跡に指定された。翌年、森子大物忌神社境内(秋田県由利本荘市森子)、木境(きざかい)大物忌神社境内と道者道(どうしゃみち)(秋田県由利本荘市矢島町)、金峰神社境内(秋田県にかほ市象潟町)、霊峰神社跡(秋田県にかほ市象潟町)が加えられて、全体を「鳥海山」と総称して国指定史跡とした。鳥海山には山形県遊佐吹浦蕨岡、秋田県にかほ市小滝、院内、由利本庄市滝沢、矢島の各登拝口がある。鳥海山大物忌神社吹浦口宮へは、JR羽越本線吹浦駅から徒歩約7分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鳥海山」の解説

鳥海山
ちょうかいさん

山形県北西端,秋田県境近くに位置し,鳥海火山帯に属する火山活火山で,常時観測火山。別称出羽富士,庄内富士,鳥海富士。標高 2236m。山頂は西鳥海,東鳥海に分かれる。西鳥海は旧火山で笙ヶ岳(1635m),月山森(1650m),扇子森(1759m)などの外輪山が馬蹄形に並び,なかに中央火口丘の鍋森と火口湖鳥ノ海を抱く。東鳥海は新火山で最高点の新山と外輪山からなる二重式火山(→複式火山)。新山は享和1(1801)年の噴火で形成された溶岩円頂丘である。1974年に小規模な噴火が発生している。山体は橄欖石・輝石安山岩質の溶岩砕屑岩などからなる。鳥海国定公園の主部で,山頂からの眺望は美しく,晴れた日に日本海に映る「影鳥海」は有名。頂上大物忌神社は出羽一宮と称され,吹浦にも大物忌神社の口の宮がある。新火山付近にはチョウカイフスマ,ヒメコザクラ,ヨツバシオガマ,チョウカイチングルマなどの高山植物の大群落がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「鳥海山」の解説

鳥海山【ちょうかいさん】

秋田・山形県境,日本海に面する活火山で,気象庁が常時観測体制を敷いている。標高2236m。鳥海火山帯に属する安山岩の複式複合火山で,旧火山(西鳥海)は月山森,笙ヶ岳などの外輪山に囲まれ中央火口丘鍋森と火口湖の鳥ノ海がある。古くは飽海岳とも称され,14世紀には鳥海山の呼称がみえる。古代より大物忌信仰で知られる。新火山(最高点)は1801年噴火の秀麗な成層火山で,出羽富士,鳥海富士ともいう。高山植物に富み,晴れた日に日本海に映る〈影鳥海〉も有名。鳥海国定公園の主要部。
→関連項目鳥海[町]日本百名山山形[県]遊佐[町]湯野浜[温泉]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「鳥海山」の解説

ちょうかい‐さん〔テウカイ‐〕【鳥海山】

秋田・山形の県境にある火山。裾野は日本海岸にまで至る。標高2236メートル。新旧二つの二重式火山が複合したもの。最近では昭和49年(1974)に噴火。秋田富士。出羽富士。
森敦の短編小説集。昭和49年(1974)刊行。前年発表の「月山」とをなす作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「鳥海山」の解説

ちょうかい‐さん テウカイ‥【鳥海山】

山形・秋田両県境にそびえる円錐火山。享和元年(一八〇一)噴出の新火山と、旧火山との二つの二重式火山が複合してできた。チョウカイフスマなどの高山植物が豊富。標高二二三六メートル。出羽富士。秋田富士。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「鳥海山」の解説

ちょうかいさん【鳥海山】

秋田・山形県境に位置する山。日本海岸にまですそ野が広がる秀麗な成層火山で,出羽富士,秋田富士とも呼ばれる。最高峰の新(しん)山(2237m)を中央火口丘として七高(しちこう)山,伏拝(ふしおがみ)岳などの外輪山がこれをかこむ東鳥海火山と,火口湖の鳥ノ海を中心とする西鳥海火山の二つの火山体からなる。新山は1801年(享和1)に噴火して形成されたので,享和岳とも呼ばれている。1974年には1821年(文政4)以来153年ぶりに小噴火がみられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鳥海山の言及

【大物忌神社】より

…山形県飽海郡遊佐町,鳥海山上に鎮座。旧国幣中社。…

※「鳥海山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android