コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上高地帝国ホテル かみこうちていこくほてる

1件 の用語解説(上高地帝国ホテルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

上高地帝国ホテル

長野県松本市安曇上高地にあるホテル。1933年開業。スイス風の山小屋(シャレー)様式のクラシックホテル。創業時の建物は木造。現在の建物は1952年に鉄筋コンクリートに改装したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の上高地帝国ホテルの言及

【上高地】より

…28年から梓川電気(現,東京電力)が梓川沿いに車道を工事用に開削し始め,33年難工事だった釜トンネルが開通,9月には河童橋までバスが乗り入れたため,難所の徳本峠を越えずに上高地に入れるようになった。同年上高地帝国ホテルが建設され,さらに34年上高地を中心とする北アルプス全域が,日本最初の国立公園中部山岳国立公園に指定されて観光客が急増した。北アルプスの登山基地でもあり,6月初旬,ウェストン碑の前で山開きが行われる。…

※「上高地帝国ホテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上高地帝国ホテルの関連情報