下にも置かない(読み)シタニモオカナイ

大辞林 第三版の解説

したにもおかない【下にも置かない】

丁重に取り扱って、下座しもざにも置かない。 「 - ・ないもてなしを受ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

した【下】 にも=置(お)かない[=置(お)かず]

非常に丁重に取り扱って下座にもおかない。たいそう丁寧にもてなす。
※落語・殿様の廓通ひ(1890)〈禽語楼小さん〉「『斯(かう)云ふ殿様を客にして置けば宜い金函(かねばこ)だ、当分小遣ひには困らん』と思ひましたから下へも置かず大事に致します」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android