コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿様 トノサマ

デジタル大辞泉の解説

との‐さま【殿様】

貴人主君領主などの敬称
江戸時代、大名旗本の敬称。
生活にめぐまれ、何事にもおうような人。のんびりしていて、世事にうとい人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とのさま【殿様】

主君または貴人を敬っていう語。 「 -のお出ましじゃ」
江戸時代、大名または旗本を敬っていう語。 「紀州の-」
生活にゆとりがあり、鷹揚おうようで世事に疎い人。 「 -暮らし」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殿様の関連キーワード鹿児島県指宿市西方ダチョウ倶楽部殿様芸・殿様藝乾き亭げそ太郎ドリフ大爆笑目黒の秋刀魚ねぎまの殿様目黒のさんま苦しゅうない桑名の殿様蕎麦の殿様しゅんかん目っ張り子エール橋本かまかつ様為済ます竜宮女房殿様商売初音の鼓所知入り

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殿様の関連情報