コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下ノ加江 しもノかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下ノ加江
しもノかえ

高知県南西部,土佐湾に面する土佐清水市の集落。下ノ加江川河口にある。旧町名。 1954年近隣3町と合体して土佐清水市となる。かつて伊豆田峠の険路を避けて海路で行く船が出た港。現在は付近の林産物移出と漁業の中心地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

下ノ加江の関連キーワード土佐清水(市)三原[村]三原(村)大西 正男渭南海岸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下ノ加江の関連情報