土佐清水市(読み)とさしみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土佐清水〔市〕
とさしみず

高知県の南西端,渭南山地南東部にある市。1954年清水町,三崎町下ノ加江町,下川口町の 4町が合体して市制。中心市街地の清水は,足摺半島の基部にあり,バス交通の要地清水港は天然の良港で,マグロ,カツオなどの遠洋漁業の基地として繁栄したが,今日では一本釣りと沿岸延縄漁業を中心とする近海漁業基地になっている。かつお節製造が盛んで,土佐かつお節の主産地。また,以布利窪津はかつての捕鯨基地として知られる。農業は耕地率が低く,野菜,柑橘類の栽培が主。市域には松尾のアコウ自生地,唐船島の隆起海岸,千尋岬の化石漣痕(いずれも国の天然記念物)があり,また,足摺岬竜串,見残し海岸などの景勝地が多く,足摺半島と海岸の大部分が足摺宇和海国立公園に属する。半島西海岸の中ノ浜は,江戸末期に漂流してアメリカ合衆国へ渡った中浜万次郎の出身地。海岸部を国道321号線が通じる。面積 266.34km2。人口 1万3778(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土佐清水市の関連情報