コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下学邇言 かがくじげん

世界大百科事典 第2版の解説

かがくじげん【下学邇言】

水戸藩の学者会沢正志斎の著。1847年(弘化4)稿。7巻で,論道,論学,論政,論礼,論時の5項目から成る。道,学,政,礼,時など基本的な諸概念を中心に,正志斎の思想を体系的に漢文で論述したもの。政治論を主とした別著《新論》に対し,学問論としての意味をもち,両著は表裏の関係にあるといえる。全巻の刊行は92年で,その抄録は《日本経済大典》などに収載されている。【鈴木 暎一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

下学邇言の関連キーワード会沢安

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android