コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抄録 ショウロク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ろく〔セウ‐〕【抄録】

[名](スル)原文から必要な部分だけを書き抜くこと。抜き書き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうろく【抄録】

( 名 ) スル
一部分をぬいて書きとめること。ぬきがき。抜粋。 「雑誌の論文を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

抄録

原文献(特に雑誌論文,レポート類など)の内容を特定の表現形式で原文献よりも簡潔に記述した文章およびその内容.録は,原論文を読むかどうかを選択するときに用いる指示抄録や,原文献を如何に「まとめるか」を重視する報知抄録など,その用途や目的により分類されることがある.抄録作成者(著者自身の場合もあるし,第三者の場合もある)は,抄録作成にあたって自分の解釈や批判を入れないというのが原則であるが,抄録は原文献とは別の表現形式を取ることから,抄録作成者による文献内容の取捨選択は避けられないものとなる.したがって,抄録を書く側および読む側の両者にとって,文献内容の取捨選択をどう考えるかが抄録を捉える上での重要なポイントとなる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

抄録の関連キーワードリファレンスデータベース芸文類聚・藝文類聚ヘファイスチオン肥前国風土記建治三年日記原中最秘抄批判的抄録北条五代記弘決外典抄新撰姓氏録フェスツスユスチヌスシノプシス臥雲日件録自動抄録法惟高妙安日本紀略嬉遊笑覧新撰字鏡篠本越南

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抄録の関連情報