不動 立山(読み)フドウ リツザン

20世紀日本人名事典の解説

不動 立山
フドウ リツザン

明治〜昭和期の日本画家



生年
明治19(1886)年4月18日

没年
昭和50(1975)年8月14日

出生地
兵庫県三原郡松帆村(現・西淡町)

学歴〔年〕
京都市立絵画専(現・京都市立芸術大学)〔明治45年〕卒

主な受賞名〔年〕
文展入選(第6回)〔明治45年〕「冬の夜更」「春雨の夕」

経歴
明治45年「冬の夜更」「春雨の夕」で文展に初入選。大正13年西山翠嶂画塾・青甲社に入り、昭和8年帝展無鑑査になる。初期は浮世絵風の風俗画を描いたが、のち季節や自然の変化をとらえた穏やかな作風になった。17年淡路島に疎開後は、畑仕事をしながら人々の求めに応じて描いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android