不動産時計(読み)フドウサンドケイ

デジタル大辞泉の解説

ふどうさん‐どけい【不動産時計】

米国の不動産業者が開発した市場分析ツール。同社が四半期ごとに作成する市場レポートをもとに、世界主要都市の不動産賃料上昇下落動向時計に見立てて表示する。プロパティークロック
[補説]不動産賃料は、下落の加速→下落の減速→上昇の加速→上昇の減速というサイクルで変動するものとして、時計の0~3時に下落加速、3~6時に下落減速、6~9時に上昇加速、9~12時に上昇減速のフェーズにある都市を表示する。0時は賃料が頭打ち、6時は入れした状態にあたる。6時を過ぎた位置にある都市は、今後、賃料が上昇していくと予想される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android