コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動産時計 フドウサンドケイ

デジタル大辞泉の解説

ふどうさん‐どけい【不動産時計】

米国の不動産業者が開発した市場分析ツール。同社が四半期ごとに作成する市場レポートをもとに、世界主要都市の不動産賃料の上昇下落の動向を時計に見立てて表示する。プロパティークロック
[補説]不動産賃料は、下落の加速→下落の減速→上昇の加速→上昇の減速というサイクルで変動するものとして、時計の0~3時に下落加速、3~6時に下落減速、6~9時に上昇加速、9~12時に上昇減速のフェーズにある都市を表示する。0時は賃料が頭打ち、6時は底入れした状態にあたる。6時を過ぎた位置にある都市は、今後、賃料が上昇していくと予想される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android