コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭打ち アタマウチ

デジタル大辞泉の解説

あたま‐うち【頭打ち】

物事が限界に達してこれ以上には向上しえない状態になること。「生産量が頭打ちになる」
上昇を続けてきた相場が、それ以上上がらなくなること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あたまうち【頭打ち】

物事が一定の水準に達し、それ以上に伸びなくなること。 「給料が六〇歳で-になる」
上がっていた相場が、それ以上、上がらなくなること。ずうち。 〔が原義〕

ずうち【頭打ち】

あたまうち(頭打) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頭打ちの関連キーワードアフマッド・シャー・ドゥラーニー地方公務員の昇給の仕組みモーメントマグニチュード光合成(こうごうせい)スマトラ島沖地震・津波常勤講師と非常勤講師原発市場と業界再編プラモデル王国静岡航空運賃割引制度収穫逓減の法則マグニチュードGNP比1%枠中小企業基本法電気化学工業光学機械工業電子書籍端末ピークオイルゼロサム市場寛政の改革銅配線技術

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭打ちの関連情報