不同意堕胎罪(読み)フドウイダタイザイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

刑法215条は、女性の依頼や承諾を得ずに堕胎させたに6カ月以上7年以下の懲役を科すと規定する。未遂罪もある。刑法にはほかに、女性が自ら薬物などを使って堕胎する堕胎罪、女性の依頼を受けて行う同意堕胎罪、医療関係者が女性の依頼を受けて堕胎する業務上堕胎罪などがある。一方母体保護法は、一定条件での人工妊娠中絶を認めており、「不同意」以外の堕胎罪が適用されることはまれ。

(2021-02-22 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不同意堕胎罪の関連情報