承諾(読み)ショウダク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐だく【承諾】

[名](スル)《古くは「じょうだく」》相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること。「上司の承諾を得る」「依頼を承諾する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうだく【承諾】

( 名 ) スル
〔古くは「じょうだく」〕
他人の依頼・要求などをもっともと思い、引き受けること。承知。 ⇔ 拒否 「移転を-する」 「 -を得る」
〘法〙 申し込みの意思表示と結合して契約を成立させる意思表示。 → 受諾(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐だく【承諾】

〘名〙
① (古くは「じょうだく」) 相手の申し入れや頼みを同意してひきうけること。ききいれること。承引。承知。
※九暦‐九条殿記・大祓事・天慶二年(939)六月二八日「仍可参入之由、承諾已了」
色葉字類抄(1177‐81)「承諾(ジョウダク)
※和蘭皿(1904)〈生田葵山〉糸の縺れ「今此の申込に対し〈略〉快く承諾したのである」
② 法律で、申し込みに応じて契約を成立させる意思表示。また、一定の事実の承認または同意の意に用いられることもある。
民法(明治二九年)(1896)五二一条「承諾の期間を定めて為したる契約の申込は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の承諾の言及

【申込み・承諾】より

…申込みとは,相手方の承諾と合致して,特定の内容を有する契約を成立させることを意図してなされる一方的かつ確定的な意思表示である。申込みに応じてこれと合して契約を成立させる意思表示を承諾という(なお,承認という語は,一定の事実の承認・同意を意味する場合もある――民法467条等)。…

※「承諾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承諾の関連情報