不善(読み)フゼン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ぜん【不善】

[名・形動]よくないこと。また、そのさま。「小人閑居して不善をなす」「不善な者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふぜん【不善】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
道徳上、よくない・こと(さま)。 「小人閑居して-をなす」 「吾等を-なる人と思い/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐ぜん【不善】

〘名〙 (形動) よくないこと。でないこと。道にはずれること。また、そのさま。
※将門記(940頃か)「邪悪の積りて、一身に覃び、不善の謗りは八部に聞えて」 〔書経‐伊訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不善の関連情報