将門記(読み)しょうもんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「将門記」の解説

将門記
しょうもんき

平安時代中期の軍記物語平将門を扱った変体漢文の作品。「まさかどき」とも読む。1巻。作者成立年次とも定説がないが,承徳3 (1099) 年書写本 (真福寺本) の奥書には「天慶三年六月中記文」とあり,それより古い書写とされる楊守敬本もある。承平5 (935) 年将門が伯父たちと争いを起してから,朝廷に対する反乱に発展し,天慶3 (940) 年4月将門らの首が京にもたらされるまでを,将門に同情する立場から描き,後日談として将門が地獄に落ちたことを記す。記事に重複矛盾があり,初め関東で成ったのち,京都で増補されたものかといわれる。律令制の矛盾が集約的に現れた地方の動静を伝える史料として,また中世軍記物語の先駆として貴重な作品。しかし,『平家物語』などが芸能などによって広く流布したのに対して,本書は一個の文献にとどまり,後世の「将門伝説」とも無縁であった。

将門記
まさかどき

将門記」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「将門記」の解説

将門記【しょうもんき】

軍記物語。〈まさかどき〉とも読む。平将門の乱を将門の動きを中心に記述。文末の注記によれば940年の成立だが,反乱鎮圧からわずか数ヵ月というこの記述を虚構とみなし,乱後数年ないし10年の後に成立したとする説もある。1巻。作者不詳。平将門が乱を起こしてから,平貞盛・藤原秀郷(ひでさと)に滅ぼされた次第を和風化した四六駢儷文で記し,とくに戦闘の叙述は迫真性に富む。史料としてばかりでなく日本の戦記文学の端緒を開いたものとして注目される。
→関連項目足柄関軍記小貝川真福寺陸奥話記

将門記【まさかどき】

将門記(しょうもんき)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「将門記」の解説

しょうもんき シャウモンキ【将門記】

軍記物語。一巻。作者不詳。天慶三年(九四〇)将門(まさかど)の乱(天慶の乱=平将門の叛乱)の終息後、まもなく成立か。乱の経緯を和風化した漢文でしるす。関東で平将門の軍事行動に加わった者の記録をもとに、京都の文化人の手によって成ったかと推定されている。独立した最初の軍記物。まさかどき。

まさかどき【将門記】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「将門記」の解説

将門記
しょうもんき

平安中期の軍記物
「まさかどき」とも読む。940年成立。1巻。作者不詳。平将門 (まさかど) の乱の次第について詳細に記した根本史料漢文体で書かれ,戦記文学として最初のもの。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「将門記」の解説

しょうもんき〔シヤウモンキ〕【将門記】

平安中期の軍記物語。1巻。作者未詳。天慶3年(940)平将門たいらのまさかどの乱後まもなく成立。乱の経緯を、変体漢文で記述。のちの軍記物の先駆とされる。まさかどき。

まさかどき【将門記】

しょうもんき(将門記)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android