不戦勝制度(読み)ふせんしょうせいど

知恵蔵「不戦勝制度」の解説

不戦勝制度

相手が負傷などで休場した場合、対戦せずに勝ち星を得られる。制度が確立したのは1926年10月の東西連盟大相撲(大阪)から。制度制定以前は、一方力士が休場すると相手力士も休場の扱いになっていた。

(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android