コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不燃領域率 フネンリョウイキリツ

デジタル大辞泉の解説

ふねんりょういき‐りつ〔フネンリヤウヰキ‐〕【不燃領域率】

市街地の延焼のしにくさを表す指標。市街地面積に占める耐火建築物の敷地および幅員6メートル以上の道路等の公共施設の面積の割合。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

不燃領域率

公園や道路、コンクリート建築物といった延焼を抑える場所が、地域内にどれだけあるかを元に算出した「街の燃えにくさ」を示す指標。計算上は、延焼を一定程度抑えるには40%以上が、ほとんど抑え込むには70%以上が必要だとされる。

(2013-08-31 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

不燃領域率の関連キーワード木造住宅密集地域(木密)木造住宅密集地域重点密集市街地不燃化特区

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不燃領域率の関連情報