公共施設(読み)こうきょうしせつ

精選版 日本国語大辞典「公共施設」の解説

こうきょう‐しせつ【公共施設】

〘名〙 国や地方公共団体が運営・管理する諸施設。
※公害対策基本法(1967)一二条「政府は〈略〉公害の防止に資する公共施設の整備の事業を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「公共施設」の解説

こうきょうしせつ【公共施設】

直接に国民の利用に供することを目的として,国,地方公共団体またはそれらによって設立された法人によって設置・運営される病院・図書館・市民会館・保育所等の施設。現代行政は,国民に対し命令下し強制を加えるようなものもあるが,さらに,国民に対しさまざまな給付を行っている(給付行政)。そして,この中には,年金補助金の給付のような金銭の給付もあるが,さらに,国民の利用に供するために物的な施設を設置することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の公共施設の言及

【営造物】より

…その理由は,営造物の意味が一定していないことにあるといわれているが,また,この観念が,われわれの日常生活上あまりになじみがうすいということもその理由とされるべきである。いずれにしても,行政法学上も,この観念に代えて,公共施設という観念が用いられるようになっている。むろん,〈営造物〉と〈公共施設〉の観念の範囲は同じではない。…

※「公共施設」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android