コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不遊点 ふゆうてんaplanatic point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不遊点
ふゆうてん
aplanatic point

回転対称な光学結像系で,光軸上の小物点が収差のない像をつくるときの共役点。すなわち物点と像点とに球面収差がなく,屈折に対する正弦条件を満たし,コマ収差も起さない点をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android