コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不遊点 ふゆうてん aplanatic point

1件 の用語解説(不遊点の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不遊点
ふゆうてん
aplanatic point

回転対称な光学結像系で,光軸上の小物点が収差のない像をつくるときの共役点。すなわち物点と像点とに球面収差がなく,屈折に対する正弦条件を満たし,コマ収差も起さない点をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不遊点の関連キーワード開口数回転対称光軸主点焦点結像クリティカル照明光軸折曲げ式対称要素アプラナート

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone