コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不静定構造 ふせいていこうぞう

百科事典マイペディアの解説

不静定構造【ふせいていこうぞう】

構造物において部材間の内力支点における応力が,荷重のつりあい条件を考えるだけで決定できる構造を静定構造と呼び,これに対してに変形の連続条件がさらに必要となるものを不静定構造と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

不静定構造の関連キーワード最小仕事の理論静定構造物温度応力撓角法

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android