コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内力 ないりょく internal force

3件 の用語解説(内力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内力
ないりょく
internal force

多数の部分から構成される力学系をある範囲で内部と外部に分けるとき,内部の部分同士に働く力を内力,内部の部分が外部から受ける力を外力という。系をどの範囲までとるかは任意であって,内力と外力は本質的には違いがない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ない‐りょく【内力】

物体系・質点系の内部で、各質点間に働く力。
応力(おうりょく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ないりょく【内力】

系内で、系を構成する物体・質点相互の間にはたらく力。
地球内部からの力によって地形を変化させる力。火山・地震・造山・造陸などの作用のこと。一般に地形の起伏を複雑にする。内的営力。
▽↔ 外力

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内力の言及

【応力】より

…物体に外部から力が作用するとき,その反作用として物体内に生ずる分布内力を応力という。応力の大きさは単位面積に作用する内力の大きさにより定義され,これを応力度あるいは応力強さともいうが,一般には応力度のことを単に応力と呼び,以下の解説でも応力という場合は単位面積当りの応力を指すことにする。…

※「内力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内力の関連キーワード系・吊MTS 系UNIX系OS組織名86系系(地学)GERL 系CC 系《実証政治体系――人類教を創設するための社会学概論》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内力の関連情報