コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与圧室 ヨアツシツ

デジタル大辞泉の解説

よあつ‐しつ【与圧室】

高高度を飛ぶ航空機で、乗客乗員気圧変化から守るために、加圧して地上の気圧に近い状態に調整する胴体内部の室。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よあつしつ【与圧室】

与圧をした室。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の与圧室の言及

【飛行機】より

…ふつうはいろいろの条件を考えて,これより速い速度を選ぶか,あまり最大巡航速度(エンジンの耐久性や機体の強度などを考慮して許される最大の巡航速度)Mに近づくと,航続率が低下して不経済になることがこの曲線でも示されている。超音速飛行
[上昇限度と与圧室]
 飛行機は速度だけでなく,高度についても飛べる範囲が決まっている。高度をとるほど空気密度が減るので,抗力が減りスピードが出しやすくなる。…

【与圧胴体】より

…そこで現在の航空機は,軽飛行機のうちの簡単なものやヘリコプターを除くほとんどが,高空を飛行中は,室内の気圧を外の大気圧より上げて低高度の気圧に保つようにしている。これを与圧といい,与圧する部分を与圧室pressurized cabinと呼ぶ。輸送機などは胴体のほぼ全部を与圧室とする必要があるので,胴体そのものを気密構造の与圧胴体とし,横断面は内外の圧力差に耐えるのに有利な円形または円弧を組み合わせた形が多い(図)。…

※「与圧室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

与圧室の関連キーワード航空医学与圧胴体高高度隔壁与圧

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android