コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世の終わりのための四重奏曲

1件 の用語解説(世の終わりのための四重奏曲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

世の終わりのための四重奏曲

フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンの四重奏曲(1940)。原題《Quatuor pour la Fin du Temps》。第二次世界大戦中、ドイツ軍の捕虜となって収容所に送られた時の作品。収容所内にあったヴァイオリンチェロクラリネットピアノで演奏された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世の終わりのための四重奏曲の関連キーワードフランス組曲ボアエルデューアンサンブル・モデルン異国の鳥たち幼子イエスに注ぐ20の眼差しシランクストゥーランガリラ交響曲リヴィエラを撃てヴィ・ド・フランス雲母オリヴィナイト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世の終わりのための四重奏曲の関連情報