世の終わりのための四重奏曲

デジタル大辞泉プラスの解説

世の終わりのための四重奏曲

フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンの四重奏曲(1940)。原題《Quatuor pour la Fin du Temps》。第二次世界大戦中、ドイツ軍の捕虜となって収容所に送られた時の作品。収容所内にあったヴァイオリン、チェロ、クラリネット、ピアノで演奏された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世の終わりのための四重奏曲の関連情報