世を忍ぶ(読み)ヨヲシノブ

  • を 忍(しの)ぶ
  • 世(よ)を忍(しの)・ぶ

大辞林 第三版の解説

世間から隠れる。世間に知られないようにする。 - ・ぶ二人の仲 - ・ぶ仮の姿

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

世を避ける。世間から隠れる。人目をはばかる。
※土御門院集(1231頃)「世を忍ふ心のうちのあなねずみやすく出づべき道もあるらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報