人目(読み)ジンモク

  • ひとめ
  • 人目/人▽眼

デジタル大辞泉の解説

人の目。
人の見る目。ひとめ。
「邪法を行い、―を惑わし」〈芥川・尾形了斎覚え書〉
他人の目。世間の人の見る目。「―を避ける」
人の往来。人の出入り。
「しるきかな浅茅いろづく庭のおもに―かるべき冬の近さは」〈風雅・秋下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 人の目。また、人の目に似たもの。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉九「望遠鏡と雖も、是を写て人目(ジンモク)に呈する能わざるが如し」
② 人の見る目。ひとめ。よそめ。外見。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録「玳瑁(たいまい)の鈿櫛(かんざし)人目を眩(まどは)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android