人目(読み)ジンモク

デジタル大辞泉の解説

じん‐もく【人目】

人の目。
人の見る目。ひとめ。
「邪法を行い、―を惑わし」〈芥川・尾形了斎覚え書〉

ひと‐め【人目/人眼】

他人の目。世間の人の見る目。「―を避ける」
人の往来。人の出入り。
「しるきかな浅茅いろづく庭のおもに―かるべき冬の近さは」〈風雅・秋下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんもく【人目】

人の見る目。ひとめ。 「 -をまどわす」

ひとめ【人目】

他人の見る目。世間の人の目。 「 -を避ける」 「 -を気にする」
人の往来。人の姿。 「山ざとは冬ぞさびしさまさりける-も草もかれぬとおもへば/古今

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐もく【人目】

〘名〙
。また、人の目に似たもの。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉九「望遠鏡と雖も、是を写て人目(ジンモク)に呈する能わざるが如し」
② 人の見る目。ひとめ。よそめ。外見。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録「玳瑁(たいまい)の鈿櫛(かんざし)人目を眩(まどは)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人目の関連情報