コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界の舞台 せかいのぶたいTheatrum Orbis Terrarum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界の舞台
せかいのぶたい
Theatrum Orbis Terrarum

『地球の舞台』ともいう。フランドルの地理学者 A.オルテリウス (1527~98) が 1570年に刊行した初めての近代的世界地図帳。プトレマイオス以来の新しい知識に基づいてつくられた,系統的で同一サイズの各国図の集大成。 70年にまず,53枚 70地図が発表されたが,その後 95年までに 108地図がつけ加えられた。発表と同時にこの地図帳は一躍有名になり,1612年までに 42版を重ねたといわれる。その後,さらに縮小版,ラテン,ドイツ,フランス,スペイン,イギリス,イタリアの各国語版がつくられた。オルテリウスは G.メルカトル (1512~94) のライバルとして,メルカトルの世界地図帳作成事業に刺激されて,みずからも地図帳作成を始め,先に完成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界の舞台の関連キーワードドミトリー ホロストフスキーニューヨーク(市)アントニオ・古賀ケネニサ ベケレアフリカ文学カレーラス三文オペライヴの総て横田順彌人種問題蜷川幸雄高梨沙羅地図屏風松平健太山本寛斎郎平

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界の舞台の関連情報