コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界定め セカイサダメ

2件 の用語解説(世界定めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せかい‐さだめ【世界定め】

江戸歌舞伎年中行事の一つで、顔見世興行に上演する狂言世界を選定する企画会議。毎年9月12日に行われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せかいさだめ【世界定め】

歌舞伎で、江戸時代、顔見世狂言に上演する狂言の世界を定めるための主な関係者の相談会。 「 -、はなし初/滑稽本・根無草後編」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の世界定めの言及

【顔見世】より

…劇場年中行事の一つ。江戸期に劇場は毎年11月(京坂では宝暦ころから12月)に俳優の新しい顔ぶれによる座組で開場されたが,その最初の興行をいう。1年のうち最も重大な興行であった。江戸では新座組が定まり,10月17日の夜〈寄初(よりぞめ)〉の式が,楽屋3階または芝居茶屋の2階で開かれた。中には同じ座に居すわる役者もあり,これを〈重年(ちようねん)〉〈居なり〉と称えた。俳優の振りわけは江戸三座の太夫元,金主らが列席しての談合で定められ,場合によってはくじ引きできめられた。…

【歌舞伎】より

…このように,劇場の興行は一種の年中行事のような約束を踏まえて運営されていたのである。 上記の興行のほかに,正月1日の仕初め(しぞめ)(式三番叟),2月初午の稲荷祭,5月28日の曾我祭,6月の土用休み,9月12日の世界定め,10月17日の寄初(よりぞめ),12月10日ごろの顔見世狂言舞納(まいおさめ)などを加えて,〈芝居年中行事〉と呼んでいた。 劇場が毎月一興行を行うようになったのは大正以後のことで,松竹は専属俳優を毎月出演させる慣習を作った。…

【座頭】より

座元(ざもと),立作者(たてさくしや)とともに興行の経営にも参画し,芝居年中行事で重要な役目を受け持った。たとえば,顔見世興行に先立って座元宅で行われた〈世界定め〉(9月12日)には,立作者,頭取,帳元(ちようもと)とともに参集し,顔見世狂言の〈世界〉や抱え役者の人選などを相談した。また,正月1日の仕初め(しぞめ)で,舞台に全役者が居並ぶとき,座頭は前に進んで年頭祝儀の口上を述べ,かつ初春興行の大名題(おおなだい),小名題(こなだい),役人付(やくにんづけ)を読み上げて,一座の役者を紹介するしきたりであった。…

【世界】より

…〈世界〉の用語は1757年(宝暦7)7月江戸中村座の役割番付の小名題に〈仕組〉や〈趣向〉とともに記されており,すでに劇作用語として成立している。69年(明和6)刊《根無草後編》には江戸の芝居の年中行事としての〈世界定め〉の語も見られるが,当期の京坂の歌舞伎,浄瑠璃の文献に見当たらず,《世界綱目》後記の筆写経路にも京坂の作者名が見られないことから,〈世界〉の用語や概念は江戸時代中期の江戸歌舞伎界での成立と見られる。《戯財録》には〈世界〉と〈趣向〉に関する著名な説が見えている。…

※「世界定め」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界定めの関連キーワード顔見世狂言座頭一番太鼓江戸歌舞伎顔見世興行顔見世番付翁行灯顔見せ三の替り年中行事の障子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone