コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界室内陸上競技選手権 せかいしつないりくじょうきょうぎせんしゅけん IAAF World Indoor Championships in Athletics

1件 の用語解説(世界室内陸上競技選手権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

世界室内陸上競技選手権

世界選手権の室内版で、種目の制約がある。屋外では行われない60mや60mハードルなどは、ほんの数秒の争いになる。隔年開催で、1999年3月には、アジアで初めて群馬県前橋市グリーンドーム前橋で第7回大会が開かれた。97年にパリ(仏)で行われた第6回大会では、苅部俊二が男子400mで3位に入り、世界と名のつくシニアの大会で、短距離の個人種目では日本初のメダルを獲得した。室内で出された記録は屋外とは別に「室内世界記録」「室内日本記録」として公認される。

(小森貞子 スポーツライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界室内陸上競技選手権の関連キーワードワールドカップ国際水連世界選手権WCTバレーボール世界選手権フリースタイルスキー世界選手権上野雅恵鈴木桂治韓陽種田恵富田洋之

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone