短距離(読み)タンキョリ

大辞林 第三版の解説

たんきょり【短距離】

短い距離。
「短距離競走」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐きょり【短距離】

〘名〙
① 短い距離
※報知新聞‐明治四〇年(1907)六月二八日「二百四十間の短距離をレールを別にして単に工事のみを十万円にて請負ひしと云へば」
※陸上競技法(1923)〈野口源三郎〉二「短距離に誂へ向きの走者とは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の短距離の言及

【陸上競技】より

…原始時代,人類が獲物を追って走り,跳び,槍や石を投げた動作が原形といえるが,競技としての陸上競技は,前776年にギリシアのオリュンピアで開かれた古代オリンピック第1回大会が記録に残っている。このときは直線の短距離競走(1スタディオン=オリュンピアでは約192m)だけが行われ,エリス出身のコロイボスが優勝した。古代オリンピックは,以後4年に1度のペースで実に1000年以上も続き,現在の陸上競技種目に相当するものが加わっていった。…

※「短距離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短距離の関連情報