両建預金(読み)りょうだてよきん

百科事典マイペディアの解説

両建預金【りょうだてよきん】

銀行が取引先に貸出しを行う場合に,貸出しの見合いとして受け入れる預金。定期預金通知預金など拘束性のものが多い。銀行が預金をふやすためや利ざやをかせぐために行われるが,これによって借入側は資金の使用を制限され,金利負担が重くなるので,このような拘束預金は事実上禁止されている。→歩積(ぶづみ)預金
→関連項目実効金利

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りょうだてよきん【両建預金】

銀行などが貸し出しの条件として預け入れをさせる、定期預金や通知預金などの拘束性の強い預金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょうだて‐よきん リャウだて‥【両建預金】

〘名〙 銀行が貸出を行なう場合、その条件として同一取引先に強制もしくは依頼する預金。両建

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の両建預金の言及

【歩積・両建預金】より

…手形割引,商業手形担保の貸付けに際し,その一定割合によって作成されるものを歩積預金という。また,金融機関が貸出しを行う際に,その貸付金の一部を強制的に預金させる場合,あるいは顧客が預金の引出しにより資金調達をしようとする際に,預金引出しの代りに金融機関が貸出しによって顧客の資金需要にこたえる場合,これらの預金を両建預金という。 歩積・両建預金は,金融機関がその優越した立場を利用し,顧客に対し,本来は支払わなくともよい借入利息を支払わせるものであり,独占禁止法にも抵触する。…

※「両建預金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android