貸(し)付(け)(読み)カシツケ

デジタル大辞泉の解説

かし‐つけ【貸(し)付(け)】

金額・利率・期間・担保の種類などを定め、多くは約束手形や借用金証書をとって資金を貸したり、損料・使用料・期間などを定め、物品や権利を貸したりすること。

たい‐ふ【貸付】

[名](スル)金銭・土地・建物などを貸し付けること。「資金を貸付する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貸付
かしつけ

銀行が一定期日後に償還することをあらかじめ契約して取引先に資金を供与すること。厳密には手形貸付証書貸付当座貸越の三者を貸付といい、この貸付に手形割引を加えたものを貸出と総称する。すなわち、貸付は貸出より狭い概念ということになる。[那須正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android