中内いさお(読み)なかうちいさお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中内
なかうちいさお
(1922―2005)

経営者。1922年(大正11)大阪府西成郡の薬局の長男として生まれる。神戸第三中学(現、長田高校)、神戸高等商業学校(後の神戸商科大学、現在の兵庫県立大学)を経て、日本綿花(後のニチメン)に入社。陸軍軍曹としてフィリピンで終戦を迎える。1957年(昭和32)大栄薬品工業(現ダイエー)を創業し、同年、大阪市内にスーパー1号店「主婦の店ダイエー」を開店した。アメリカ流のスーパーマーケットの仕組みを日本に導入。徹底した安売りと多店舗展開で業容を拡大し、1972年には三越を抜いて小売業で売上高日本一になった。
 「流通革命の旗手」とよばれるほど事業拡大路線をひた走り、全国の地場スーパーのほか、コンビニエンス・ストアのローソン、プロ野球球団の福岡ダイエーホークス(現、福岡ソフトバンクホークス)、求人情報のリクルート、海外のリゾート施設など異業種も次々と傘下に吸収。グループ企業190社、売上高5兆円を超える巨大流通グループを一代で築き上げた。
 この間、1967年(昭和42)には日本チェーンストア協会を設立して初代会長に就任。一貫して流通規制の緩和を政府に求めたほか、「消費者本位」を掲げて、家電などのメーカーともしばしば対立した。1969年に出版した『わが安売り哲学』(日本経済新聞社)はベストセラーとなった。
 1990年(平成2)には経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)副会長に就任、1993年には流通業界で初の勲一等瑞宝(ずいほう)章を受章した。しかし急速な多角化で有利子負債が膨らみ、経営が悪化。2002年にはグループの全役職から退いた。
 1980年代には政府の臨時教育審議会の委員も務め、日本の画一的な教育を批判して「個性主義」の重要性を説き、後に自ら流通科学大学(神戸市)を創設した。1995年の阪神大震災時には、被災地にあるローソンの店を開くよう陣頭指揮。ヘリコプターで運んだ食料品や水などを店頭に並べ、コンビニエンス・ストアが災害時のライフラインとして定着するきっかけをつくった。平成17年9月死去。葬儀は流通科学大学の学園葬であった。[矢野 武]
『中内著『流通革命は終わらない――私の履歴書』(2000・日本経済新聞社) ▽佐野真一著『カリスマ――中内とダイエーの「戦後」』上下(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中内いさおの関連情報