コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名誉職 メイヨショク

デジタル大辞泉の解説

めいよ‐しょく【名誉職】

他に本業を有してよいかわりに、俸給または報酬を受けないで従事する公職

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めいよしょく【名誉職 honorary post】

他に本業をもっていて,生活費としての俸給(給料)を受けないで,国や公共団体などの公につく者。有給職に対する概念。公の職が収入源とならず,単にその地位につくという名誉を与えられるにとどまることからこの名称が用いられる。ただし,職務に必要な実費弁償,勤務に対する報酬や手当を受けることは妨げない。一般に,ヨーロッパで,自治行政は名誉職によって担われるものであるという伝統があり,19世紀まで,ドイツやイギリスでも地方自治行政は,名誉職によって担当されてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいよしょく【名誉職】

他に本業をもつことができ、生活費としての俸給を受けない公職。古くは町村長・市会議員など、現在は民生委員・保護司などがこれに当たる。転じて、俸給などを受けず、形だけその職にあるような場合もいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名誉職
めいよしょく

ほかに本業をもってよいかわりに、俸給または報酬を受けないで従事する公職。有給職に対する観念であるが、職務に伴う実費弁償や勤務に対する報酬を受け取ることはできる。明治憲法下の市制・町村制の下では、町村長・町村助役など多くの役職が名誉職とされていた。日本国憲法下では廃止され有給職となり、一定の職につくことが禁止された。[福家俊朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

名誉職の関連キーワードティッセン(Fritz Thyssen)茂木 七郎右衛門(6代目)アネルード ジュグノート帝室技芸員・帝室技藝員ヤングハズバンドライトゥルギー佐藤 亀八郎方面委員制度行政相談委員長谷川 武彦篠原 善次郎千葉 禎太郎プラエトル宮中顧問官勝山 直久駒井 藤平猪苗代兼載ド・バロア葛原親王国家主席

名誉職の関連情報