コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国相撲 ちゅうごくずもう

1件 の用語解説(中国相撲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくずもう【中国相撲】

中国で行われる摔跤(摔交)(しゆつこう)のこと。レスリングに近く,競技者は刺子の柔道着のようなユニフォームを着て靴をはき,直径約7mの円型土俵でフォールをめざして闘う。3ラウンド制で,1ラウンド3分,相手の体が地面に触れると3点,相手の体を持ち上げて,自分の肩より上に上げれば2点というような得点が決まっているが,別ルールもある。古くから力くらべが行われ,角力と書いたが,漢代に入ると角觝(角抵)(かくてい)と呼ばれて一般化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中国相撲の関連キーワード呉楽新律綱領卜筮賢良胡楽座敷能十八般卜骨多重露出γ線照射

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone