コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角觝 カクテイ

デジタル大辞泉の解説

かく‐てい【角×觝】

[名](スル)《「角」はあらそう、「觝」はふれる意》力比べや相撲をすること。転じて、優劣を争うこと。
「演劇を観、―を楽む者と雖も」〈秋水・社会主義神髄〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の角觝の言及

【中国相撲】より

…3ラウンド制で,1ラウンド3分,相手の体が地面に触れると3点,相手の体を持ち上げて,自分の肩より上に上げれば2点というような得点が決まっているが,別ルールもある。古くから力くらべが行われ,角力と書いたが,漢代に入ると角觝(角抵)(かくてい)と呼ばれて一般化した。宋代には杭州のような大都市の縁日で角觝が人気を呼んだ。…

※「角觝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角觝の関連キーワード中国演劇中国拳法中国相撲力比べ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android