コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国致公党 ちゅうごくちこうとうZhong-guo zhi-gong-dang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国致公党
ちゅうごくちこうとう
Zhong-guo zhi-gong-dang

中国民主諸党派の1つ。略称は致公党。前身は在米華僑の秘密結社洪門致公堂。 1925年 10月致公堂員の発起によってサンフランシスコで成立。抗日戦争時期は華僑に拠金を訴えた。 47年5月,ホンコンで第3回全国代表大会を開催し共産党支持を発表。 49年9月中国人民政治協商会議第1回全体会議に参加,「共同綱領」の作成に参画する。文化大革命時期に活動を停止したが,79年 10月第7回全国代表大会を開催。この後,工作の重点を社会主義現代化建設への奉仕に移す。華僑資本の本国誘致と対台湾,ホンコン,マカオ工作が現在の主要な任務である。 90~91年には在外同胞を述べ約3万人受入れ,数億ドルの投資導入に協力し,5000余万元相当の 300件近い公益事業に協力した。帰国華僑とその家族が主たる成員である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android