コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発起 ハッキ

デジタル大辞泉の解説

はっ‐き【発起】

ほっき(発起)」に同じ。
「強魯と容易ならぬ葛藤の萌芽(きざし)、将に―せんず風聞あり」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

ほっ‐き【発起/発企】

[名](スル)
思いたって事を始めること。
「自分が―し、…村のために始めた道路愛護会の」〈島木健作・続生活の探求〉
仏語。
㋐悟りを求める心を起こすこと。発心。
㋑「倶舎論」などで、迷いがこること。
あきらめること。我を折ること。
「神様のお御意で―致した」〈浄・今宮の心中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっき【発起】

( 名 ) スル
ほっき(発起)」に同じ。 「疾病の心中より-するは/世路日記 香水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

発起の関連キーワード日本出版インフラセンター笛吹きらめきテレビ綾川五郎次(1)大阪銀行[株]雪国のだるまきらら397おのらのさけ発起菩提心井上亀太郎杜氏の夢呑西川光二郎指田茂十郎発起人株山本孟遠北の微笑小島烏水雫の浪漫一念発起夢きらら募集設立

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発起の関連情報