コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重点 ジュウテン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐てん〔ヂユウ‐〕【重点】

物事のいちばん大切なところ。最も力を注ぐ部分。「語学に重点を置いて勉強する」
踊り字」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうてん【重点】

物事の重要な点。最も大切な点。 「人柄に-をおいて採用する」
〘物〙 「 作用点 」に同じ。
踊り字 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重点の言及

【躍字】より

…同じ字の繰返しであることを示す符号。踊字とも書き,古くは畳字(じようじ),重点などといった。現在,漢字では〈々〉〈〉を用い,仮名では〈ゝ〉〈〉を用いる。…

※「重点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重点の関連キーワード詰め込み教育・詰込み教育リサーチユニバーシティー放置車両確認の民間委託てこばかり(梃子秤)中央部重点平均測光フェミニスト批評ブランド架橋戦略てんびん(天秤)中央重点平均測光エコツーリズム中央部重点測光スーパーストア結論先出し主義昭和電工[株]ウエートを置くナンセンス文学中央重点測光リテール産業傾斜生産方式重きを置く

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重点の関連情報