重点(読み)ジュウテン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐てん〔ヂユウ‐〕【重点】

物事のいちばん大切なところ。最も力を注ぐ部分。「語学に重点を置いて勉強する」
踊り字」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうてん【重点】

物事の重要な点。最も大切な点。 「人柄に-をおいて採用する」
〘物〙 「作用点」に同じ。
踊り字」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐てん ヂュウ‥【重点】

〘名〙
① 同じ文字やことばを繰り返して続けること。また、それを示す記号「」「ゝ」「々」「」など。かさね字。おどり字。ちょうてん。
※蜻蛉(974頃)下「その文の端に、なほなほしき手して、あらず、ここにはここにはとちうてんかちにてかへしたりけん」
② 同じ文字を重ねて熟語を作ること。また、そうして作られた語の類。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
③ 欧文で用いる「コロン」の訳語。
※蘭学階梯(1783)下「〔:〕ドウピュンクタと名く、訳して重点と云ふ」
④ 物事のいちばん重んずべき所。大切にして注意すべき点。
※ながし(1913)〈森鴎外〉「どうも問題の重点(ヂュウテン)が脇へそれて拍子抜がしたやうな感じがして」
⑤ 重心のかかる所。〔改訂増補物理階梯(1876)〕
※歩兵操典(1928)第五七「左手を以て概ね銃の重点(ヂウテン)の所を握り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重点の言及

【躍字】より

…同じ字の繰返しであることを示す符号。踊字とも書き,古くは畳字(じようじ),重点などといった。現在,漢字では〈々〉〈〉を用い,仮名では〈ゝ〉〈〉を用いる。…

※「重点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重点の関連情報