重点(読み)ジュウテン

  • じゅうてん ヂュウ‥
  • じゅうてん〔ヂユウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 同じ文字やことばを繰り返して続けること。また、それを示す記号「」「ゝ」「々」「」など。かさね字。おどり字。ちょうてん。
※蜻蛉(974頃)下「その文の端に、なほなほしき手して、あらず、ここにはここにはとちうてんかちにてかへしたりけん」
② 同じ文字を重ねて熟語を作ること。また、そうして作られた語の類。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
③ 欧文で用いる「コロン」の訳語。
※蘭学階梯(1783)下「〔:〕ドウピュンクタと名く、訳して重点と云ふ」
④ 物事のいちばん重んずべき所。大切にして注意すべき点。
※ながし(1913)〈森鴎外〉「どうも問題の重点(ヂュウテン)が脇へそれて拍子抜がしたやうな感じがして」
⑤ 重心のかかる所。〔改訂増補物理階梯(1876)〕
※歩兵操典(1928)第五七「左手を以て概ね銃の重点(ヂウテン)の所を握り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重点の言及

【躍字】より

…同じ字の繰返しであることを示す符号。踊字とも書き,古くは畳字(じようじ),重点などといった。現在,漢字では〈々〉〈〉を用い,仮名では〈ゝ〉〈〉を用いる。…

※「重点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重点の関連情報