重点(読み)ジュウテン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐てん〔ヂユウ‐〕【重点】

物事のいちばん大切なところ。最も力を注ぐ部分。「語学に重点を置いて勉強する」
踊り字」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうてん【重点】

物事の重要な点。最も大切な点。 「人柄に-をおいて採用する」
〘物〙 「作用点」に同じ。
踊り字」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重点の言及

【躍字】より

…同じ字の繰返しであることを示す符号。踊字とも書き,古くは畳字(じようじ),重点などといった。現在,漢字では〈々〉〈〉を用い,仮名では〈ゝ〉〈〉を用いる。…

※「重点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重点の関連情報