中島 正武(読み)ナカジマ マサタケ

20世紀日本人名事典の解説

中島 正武
ナカジマ マサタケ

明治・大正期の陸軍中将



生年
明治3年9月10日(1870年)

没年
昭和6(1931)年2月23日

出生地
土佐国土佐郡小高坂村(高知県高知市)

学歴〔年〕
陸士〔明治23年〕卒,陸大〔明治32年〕卒

経歴
明治23年陸軍歩兵少尉、32年参謀本部付となり、東京衛戍総督府参謀、岐阜歩兵第68連隊長、駐ロシア大使館付武官、参謀本部欧米課長などを経て、大正5年歩兵第30旅団長、6年参謀本部第2部長、7年3月ハルピン特務機関長を歴任。8年中将、再び参謀本部第2部長となり総務部長を兼務、のち第2師団長、11年近衛師団長を務める。12年予備役に入り、賀陽宮宮務監督などを務めた。この間、明治37年日露戦争で大本営の運輸通信長官部の参謀として勤務。大正3年第1次世界大戦では観戦武官としてロシア軍に従軍。7年8月シベリア出兵では浦塩派遣軍の高級参謀を務め、陸軍有数のロシア通として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android