参謀(読み)さんぼう(英語表記)military staff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参謀
さんぼう
military staff

幕僚とも呼ばれる。軍の指揮官が用兵,作戦などの計画を立て,これを実行するにあたって軍の指揮官を補佐する将校。 17世紀なかば以前までは,王や指揮官は必要に応じて参謀のような役割を果す将校を側近においたが,スウェーデン王グスタフ2世が 1630年代に軍制のなかに設けた主計総監は,軍の補給,移動などを計画する責任をもち,のちの参謀の性格が濃かった。グスタフ2世の軍制はヨーロッパ諸国によって模倣されたが,17世紀なかばのルイ 14世のフランス軍では maréchal général de campが参謀の役割をつとめ,maréchal de batailleが戦闘計画を立案した。参謀を制度として確立したのは,プロシアの将軍 G.シャルンホルストであり,1806年の軍制改革により,第一線指揮官に参謀を配属させた。また,21年には,中央の参謀と第一線部隊の参謀を参謀本部のもとにおき,軍部省でなく,最高司令官である国王に直属させることにより,近代ドイツ参謀本部の基礎をつくった。大モルトケ参謀総長のもとに,プロシアが 66年にオーストリア,70年にはフランスに対して大勝利を収めたため,ヨーロッパ諸国は競って参謀本部制度を採用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぼう【参謀】

謀議に加わること。また、その人。「選挙参謀
高級指揮官の幕僚として、作戦・用兵などの計画に参与し、補佐する将校。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

参謀【さんぼう】

作戦用兵の計画,指導に当たる将校。軍隊指揮官の統帥(とうすい)を補佐するために,情報の分析,計画の策定,命令の起案などを行う。軍隊では作戦用兵の比重が高いため参謀の役割は大きく,その個性と能力が戦闘の結果に影響した例も多い。→参謀本部
→関連項目陸軍大学校

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんぼう【参謀】

高級指揮官の幕僚として、軍の作戦・用兵などの一切を計画して指揮官を補佐する将校。
表立った指導者・指揮者の下にいて補佐し、意志決定に際して進言・献策など重要な役割を果たす人。 「選挙の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐ぼう【参謀】

〘名〙
① 機務密謀に参与すること。また、その人。
※随筆・九桂草堂随筆(1857)三「攻戦に用ふる人あり。参謀に侍する人あり。郡国を治むる人あり」 〔庾信‐徴調曲〕
② 高級指揮官の幕僚として人事、情報、作戦、兵站(へいたん)、教育訓練などの計画に参与し、これを補佐する役目の将校。〔日誌必用御布令字引(1868)〕
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉五「参謀(サンボウ)桂佐久間の面々にはかに兵士を指揮しつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の参謀の言及

【幕僚】より

…補佐には指揮官の企図全般に関する分野と専門事項に関する分野がある。旧日本陸軍では参謀と副官,旧海軍ではこれに軍医長などもあわせて幕僚と呼び,〈高等統帥ノ職務ヲ補佐シ殊ニ国防及用兵ニ関スル職務ニ参画シ又軍隊練成ノ職務ヲ掌ル〉者を参謀とした。 幕僚は古代エジプトの軍隊に発生したといわれ,軍隊規模の拡大,戦場の広大化につれ軍隊の管理・維持,作戦面に補佐者を要するようになったことに起因している。…

※「参謀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参謀の関連情報